mind 武蔵小杉を愛する人たちの思い

  • ブロードキャスター
    ピーター・バラカンさん

    豊かさは楽しく過ごすことだと思います。決して物質的なことではありません。緑の広場にベンチがあって、ちょっとくつろげるだけで楽しい。世代を超えて集える場所になる。
    東横線の長年の住民として、そんな街になって欲しいですね。

  • 商業エリア 環境デザイン担当
    A.N.D. エグゼクティブクリエイティブディレクター
    小坂 竜さん

    目まぐるしい進化を遂げる小杉の中で、「Kosugi 3rd Avenue」は新しい発見と古き良き発見を同時に味わえる、人と文化が交流する場になって欲しいという想いを込めました。

  • 小杉で活動するアーティスト
    フラワー&アート制作ユニット Cui Cui
    おくむら さーこさん シラカワ エリコさん

    川崎市市民ミュージアムがあり、アートに気軽に触れられる小杉は、感度の高いアーティストやクリエイターがたくさんいらっしゃいます。豊かな環境のもと、そんな方々と一緒にものづくりをする機会や交流ができるといいなと思っています。

  • (C)川崎フロンターレ

    川崎フロンターレ
    マスコット ふろん太くん

    今までも、これからも、僕たちの一番のとっておきの街は
    小杉。未来もずっと、暮らしやすい、居心地のいい、
    活気あふれる街であってほしいな。

  • HanaCAFE nappa69
    佐藤さん

    地元産の有機野菜など「体に優しい心が嬉しい」料理と
    ゆったりとくつろげる場所にこだわっています。
    武蔵小杉は、居心地のいい場所がたくさんある街に
    なっていってほしいですね。

  • SHIBA COFFEE
    柴田さん

    世界中から厳選したコーヒー豆を自家焙煎し、一杯ずつ丁寧にドリップしたコーヒーを街の人に提供することにこだわって、地域に愛されるお店を目指してきました。
    日々の生活の潤いとなる地域のコミュニティーの場が
    どんどん増えていくといいですね。

  • 郷土史研究家
    羽田 猛さん

    小杉は徳川家康が鷹狩などを楽しんだ場所で、
    小杉御殿や陣屋があり宿場町があった由緒ある場所です。
    歴史を継承した街に発展してほしいですね。

  • 川崎市のクラフトビール製造会社
    ブリマー・ブルーイング
    スコットさん

    川崎は、クラフトマンシップが根付く素晴らしい場所。
    そんな環境でクラフトビールが作れることを誇りに思います。おいしいビールがあることをもっと多くの人に知ってもらってクラフトビールのある生活を楽しんでもらいたいですね。